自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

内覧会でチェックすべきポイントは?

内覧会でチェックすべきポイントは?

 

マンション完成後に開催される内覧会では、契約書に指定されている通りに設備が仕上がっているかどうかの確認を行います。何か気になる点があれば、遠慮なく指摘して納得のいくまで説明を受け、修繕が必要な部分については早急に対応してもらうようにしましょう。
素人だけで判断するのに不安がある場合は、建築士などよる内覧会同行サービスを利用し、専門的な視点で一つ一つ丁寧にチェックしてもらう方法もおすすめです。

内覧会当日のスケジュール

受付を済ませ部屋の前に到着したら、はじめにメーターボックスなどの室外設備の説明を受けます。室内では、施工会社担当者または売り主が設備の説明と動作確認を行います。

その後、各部屋を回りながら重要事項の説明を受けるのが一般的な内覧会の流れです。
宅配ロッカーやメールボックス、駐車場などの共有部分の説明は、室内の内覧前後いずれかに行われます。内覧会で施工の不具合が見つかったら、すぐに対応してもらうよう手続きをします。購入を検討している場合は修繕後いつ頃入居できるのか、すでに購入済みの場合は引き渡しが遅れないよう修繕日時や期間について忘れずに確認しておきましょう。

内覧会での水回りのチェックポイント

キッチン、バス、トイレ、洗面化粧台などの水回りでは、実際に蛇口を操作して、きちんと水が流れるかどうかを確認します。水を流した後は、配水管から水漏れがないかどうかも見ておきましょう。パッキン部分の接着不良や床とパイプの間に隙間がある場合はすぐに修理が必要です。

内覧会での床や壁のチェックポイント

床は、傷の有無や汚れを見るだけではなく、傾斜や床鳴りがないかどうかなど慎重に確認しなければなりません。床の傾きは、目視だけでは判断が難しいため、水平器やビー玉を使って確認すると良いでしょう。床材のたわみや木材の乾燥収縮による床鳴りは、床にしっかりと体重を乗せることで確認できます。
壁は、施工の段階で傷や汚れが付きやすい部分です。建築会社が常に細心の注意を払っているものの、なかなかゼロにはできないようです。なかには、「許容範囲」として修繕を行わない場合もありますが、入居してから後悔しないためにも遠慮せずに指摘するようにしましょう。また、壁紙の接着不良や継ぎ目に空気が含まれている部分がある場合などは、あっという間に剥がれてしまう恐れがあるため、どんなに小さくても修繕して貰うようにします。

内覧会で実際に動かしてチェックしよう

ドアやクローゼットの扉、ふすま、窓、サッシなどの「可動部分」については、実際に動かしてみることが大切です。動かし難い部分があったり、擦れる音がしたりする場合は、丁番の取り付け不良や枠自体の傾きがあるかもしれません。
また、ドアの開閉音が大きい場合には、戸当たりのゴムが正しく設置されていない可能性があります。この戸当たりのゴムが設置されていないと、ドアとドア枠が直接ぶつかって大きな音が出るだけでなく、すき間風の原因にもなってしまいますので、しっかりとチェックしましょう。

マンションは一生に一度の大きな買い物だからこそ、細かい部分まで自分の目で確かめる必要があります。ここにあげたチェックポイントのほかにも、施工方法や耐震性など納得のいくまで説明を受けるようにしましょう。