自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

手ぶらNG!内覧会に行くときの持ち物とは?

手ぶらNG!内覧会に行くときの持ち物とは?

 

新築マンションの内覧会では、図面だけでは確認することができない部屋の仕上がりや設備の使い勝手、窓からの景色や周辺環境などをチェックすることができます。
マンションの購入を検討している段階で内覧会に参加する場合は、建物内部の構造や耐震性など、外観からでは把握できない部分も自ら確認し、納得の行くまで説明をしてもらいましょう。

内覧会当日までの準備

内覧会に参加したい場合は、内覧会を主催するデベロッパーに連絡し、内覧会日時と時間を確認しておきます。混雑を避けるために完全予約制をとっていたり、一組あたりの内覧時間を制限したりしている内覧会もあるため、余裕をもって日程を調整しておく必要があります。
また、新聞やインターネット広告に掲載されている間取り図だけでなく、各部屋の寸法や収納の位置などを記した詳細な平面図などの資料を取り寄せておきます。設備仕様や照明器具、共有スペースの写真を掲載したパンフレットも事前に読んでおくと、内覧会で質問したい部分がより明確になります。

初めて内覧会に参加する場合は、内覧会でどんな部分をチェックするかを一覧表にまとめておくと良いでしょう。当日立ち会いをしてくれる担当者の説明を待つばかりではなく、自分から積極的に室内を歩き回り、水回りの使い勝手や扉の開閉具合、床の鳴り音などをチェックするようにし、限られた時間を有効に活用しなければなりません。

内覧会に行く際の持ち物

内覧会には何を持って行ったらいいか、わからない人もいるでしょう。ここでは、内覧会に持って行くと便利なグッズをご紹介します。

筆記用具

チェックした結果や説明内容を漏れなく記録します。

デジカメ

室内の様子をカメラで撮影しておくと、購入後の家具選びに役立ちます。ほかの物件と比較検討する際にも重要な資料となります。

メジャー(コンベックス)

平面図では分からない天井の高さなどを測ります。家具を搬入した際、どれだけスペースを確保できるかなどをチェックするのに便利です。

水平器

サッシや建具の立て付けをチェックする際に使用します。スマートフォンを使って確認できる、水平器のアプリをダウンロードするのもいいでしょう。床の水平をチェックする際には、ビー玉やパチンコ玉でも代用できます。

曲尺(かねじゃく)

L字型の定規で、壁と床が直角かどうかを確認する際に使用します。

懐中電灯またはペンライト

内覧会では、住み始めてしまうとチェックが難しくなる床下や壁内部の様子を見ることができます。懐中電灯などを持参すると、暗い部分も隅々までチェックできるでしょう。

内覧会に行く時の服装について

内覧会では、全体の雰囲気を眺めるだけではなく、床や壁、天井、収納内部など隅々まで自分の目で確認しておくことが大切です。そのため、床にしゃがんだり、脚立に上がって高いところまでのぞき込んだりといった動きに適した服装で参加する必要があります。
また、入居前の室内は空調設備が稼働していませんので、特に冬場はカイロを持参したり、インナーを重ね着するなど、防寒対策をしっかり行っておきましょう。

内覧会は、マンションの性能や耐久性、耐震性にかかわる施工の精度を見て、触れて確認する最初で最後のチャンスでもあります。満足のいく物件を購入できるよう、ここにあげた準備と心構えを参考に、内覧会を意味のあるものにしていきましょう。