自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

内覧会には同行は必要?同行サービスを使うメリットとは

内覧会には同行は必要?同行サービスを使うメリットとは

 

内覧会は、住宅の仕上がりや設備をチェックするだけではなく、施工不良や不具合を見出し、完全な状態で引き渡しを受けるための重要な機会です。万が一修繕が必要な箇所があれば、入居前に対処してもらうよう指摘しなければなりませんが、素人だけでは発見、判断が難しいのが現状です。
そこで、利用を検討したいのが、住宅の施工や品質、性能を専門的な観点からチェックし、買い主に対し改善に向けてのアドバイスやサポートを行う「内覧会同行サービス」です。

内覧会で発見される欠陥

新築の一戸建て住宅またはマンションでは、思いがけない部分で「欠陥」が発見されることがあります。いったん入居してしまうと保証内での修繕が難しくなってしまうケースも多いことから、内覧会でしっかりとチェックし指摘することが重要です。
素人でも発見しやすい欠陥には、例えば、床と壁が垂直に交わらず床に大きな傾斜が生じ家具を設置できない状態になっているものや、壁紙の傷や接着不足、金具の固定不良などがあげられます。
また、扉やカーテンレールなどの建具関係は、一度自分の手で可動させてみることで不具合を発見することができます。扉を開けたときに、扉が床または天井に接触しないかどうか、戸あたりの設置位置が逆になっていないかなど慎重にチェックしましょう。
壁内部や配管の状態などでは、断熱材の施工不良や配管ミス、排気ダクトの接続不良などが見られます。
水回りでは、配水管から水漏れが発生しているケースも少なくありませんので、水を流すだけではなく、流れた後の状態もチェックしておくことが大切です。

内覧会同行サービスを利用するメリット

内覧会同行サービスを利用すれば、素人だけでは発見しにくい部分まで漏れなくチェックすることができます。また、指摘するべきか判断が難しい部分に対しても的確なアドバイスがもらえます。
欠陥が見つかった場合に素人だけで交渉しようとすると、「この程度の不具合は普通です」「欠陥とは言えません」などと、売り主に誤魔化されてしまうケースも少なくありません。内覧会同行サービスでは、建築士などの住宅の専門家が買い主の立場や権利をしっかりと守った上で、売り主とのスムーズな交渉をサポートします。

内覧会同行サービスのデメリット

内覧会同行サービスは、一級建築士などの専門家がサービスに当たるため、相当の費用を要することがデメリットとしてあげあれます。また、業者によって費用やサービス内容が異なる点も悩ましいところです。内覧会同行サービスの利用を検討する際は、費用の内訳が明確に示してあるのはもちろんのこと、同行する専門家数が5~10名程度在籍し、サービス提供の実績が5年以上といった経験豊富な業者を選定すると良いでしょう。

内覧会同行サービスでは、素人では全く気付かない点も漏れなくチェックしてもらえます。入居後のトラブルを未然に防ぐためにも、サポートを受けてみてはいかがでしょうか。