自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

土地の所有権と借地権の違いとは

土地の所有権と借地権の違いとは

 

土地に対する権利には、その土地を全面的に所有できる権利「所有権」と、他人の不動産を利用する権利「借地権」の2つに大別されます。このうち借地権は、自分の子供たちに、土地も建物ものこしてあげたいと考える人にとっては不利益が多いイメージがあるかもしれません。

しかし、借地権を利用すれば、住宅ローンの支払い負担を減らし、理想の地でゆとりある生活を送ることができるかもしれません。

今回は、所有権、借地権の概要、借地権を購入するメリットとデメリットについてお伝えします。

土地の所有権とは?

一般的に「土地を売買する」といえば、土地の所有権を得ることを意味します。所有権を得れば、土地を自由に売却または贈与、相続することができると同時に、土地の評価額に応じた固定資産税、都市計画税の支払い義務も発生します。

土地の借地権とは?

借地権は、「他人の土地を借りる権利」を指します。借地権を得るには、契約を交わす際に必要な「権利金」のほか、土地を借りている期間中は「地代」を継続的に支払う必要があります。また、借地権を取得すれば、その土地の上にマイホームを建てることも可能です。

なお、借地権には、契約期間が満了すると特別な理由がない限り更新可能な「普通借地権」、契約期間満了後は更新ができない「定期借地権」という2つの借地権があります。

このうち、普通借地権は下記の2種類の権利に分かれます。

地上権

自分の意志で譲渡、賃貸することが可能となる権利です。

賃借権

譲渡、賃貸するのに所有者の承諾が必要です。

また、普通借地権にはさまざまな費用がかかります。権利金や地代のほかにも、契約更新時にかかる「契約更新料」、増改築を行う場合や建物の利用条件を変更する場合に必要な「承諾料」などです。

借地権を購入するメリット、デメリット

借地権を購入してマイホームを建てる最大のメリットは、所有権を購入するよりも3~5割程度安く土地を確保できる点です。土地にかかる不動産取得税や登記費用などの諸費用も不要となります。地価が高騰する都心エリアにマイホームを持ちたい場合などに、大きなメリットを発揮するといえるでしょう。

一方で、借地権付きの宅地については、全国的に普及率が低く、選択肢が少ないという問題もあります。また、所有権よりも「担保評価」が低いことから、住宅ローンの利用が難しく、利用できたとしても希望する金額の融資を受けられないケースも想定されます。

さらに、契約期間が満了すれば建物を取り壊し、更地の状態で土地を返還しなければならないため、資産として自分の手元にのこすことができないというデメリットもあります。

借地権を得てマイホームを建てた場合の費用は、土地の所有権を購入した場合よりも格段に費用を抑えることができます。しかし、契約期間が満了した後には住み替え費用などさまざまな費用がかかることもあるので、借地権を購入する際は、そのあたりもよく考えてからにしましょう。