自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

住宅を建てるときは土地の地盤調査をしよう

住宅を建てるときは土地の地盤調査をしよう

 

地盤調査は、地形調査や工学的検査により地盤の特性(強度)を把握し、その土地に合った地盤補強方法や基礎仕様を見出すことができます。建物の構造がどんなに強固であっても、地盤(建物の土台となる地面)が弱ければ建物の重さに耐えきれず、時間の経過とともに地盤が不均等に沈下して(不同沈下)建物が傾いてしまう恐れがあるため、家を新築する際は、専門家による地盤調査を行うことをおすすめします。

地盤調査が必要な理由

弱い地盤に家を建てると、新築にもかかわらず建物が傾き、ドアやふすまが動かなくなったり、斜めになった床で生活することにより、睡眠障害や平行機能障害(めまい)が発症したりします。

いったん傾いてしまった家は、簡単に補修することができませんし、地盤を変えることもできません。そのため、家を建てる前に地盤の特性を把握し、それに見合った地盤改良もしくは補強工事を行う必要があるのです。

大規模災害が多発する近年では、大地震による建物の倒壊から身を守るためにも、地盤調査は必要不可欠なものとなってきています。地盤調査では、地震により、地中の砂がドロドロに変化する「液状化現象」が発生する可能性が高い場所も特定できます。

地盤調査の方法

地盤調査では、専門家による実地調査(周辺地域の建物、道路、地形など)と、以下に紹介する工学的な検査の両面から、地盤の特性を総合的に判断するのが一般的です。

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

スウェーデン式サウンディング試験は、先端がキリ状になっている鉄の棒に荷重をかけながら地面にねじ込み、鉄棒の先端が地下25cmに達するまでに、鉄棒を何回回転させたかによって地盤の強度を測定する調査方法です。

地盤調査のなかでも最も短時間で行える調査方法で、1回の調査にかかる費用も比較的安価なため、多くの調査で採用されています。

ボーリング調査(標準貫入試験)

63.5kgのハンマーを75cmの高さから落とし、地下30cmまで貫入させるために、ハンマーを何回落下させる必要があるかを調べて地盤の強度を測定します。どんなに硬い地盤でも、深層まで掘り進めることによる正確な調査が実現できますが、調査には乗用車2台分のスペースを要するほか、調査中に大きな打撃音も発生します。

比較的コストもかかるため、マンションなどの小規模な建物や一般の木造住宅を建てる土地の調査では採用されません。

表面探査法

地面から地下に向けて特殊な振動波を発信し、振動波の反射速度を測定することにより、地盤の強度や傾きを測定する調査方法です。スウェーデン式サウンディング試験よりもやや割高ですが、測定精度の高さに定評がある調査方法です。

大切な財産と家族の命を守るために、住宅を建てる土地が決まったら忘れずに地盤調査を行っておきましょう。ハウスメーカーや工務店を通さず、自分で選んだ地盤調査業者に調査を依頼するときは、費用の見積もりをしっかり取ってもらい、信頼のおける業者かどうかをしっかりと見極めることが大切です。