自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

木造住宅のメリットって?

木造住宅のメリットって?

 

日本の一戸建ては、木造住宅が主流です。もともと豊かな森林に恵まれていたことに加え、四季のはっきりした日本の風土に合っていたことから、おのずと木造の建築がつくられるようになったとされています。
そもそも住宅には、大きく分けて木造、鉄骨造、コンクリート造の3種類の構造があります。では、木造住宅にはどんな特長があるのでしょうか。
ここでは、そんな木造住宅のメリット、デメリットを解説します。

木造住宅は建築費用が安い

木造住宅は、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅に比べ、建築費用が安い傾向にあります。地域やグレードなどにより坪単価に差はありますが、一般的に木造住宅の坪単価は50〜80万円、鉄骨造は80〜90万円、鉄筋コンクリート造は90〜100万円。
「無節のヒノキ」など、銘木にこだわる場合は別として、木造住宅なら他の構造に比べ、坪単価で30〜50万円程度コストを抑えることができるでしょう。

その理由の一つとして、木造住宅は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べ軽量であることがあげられます。基礎のつくり方や、杭や地盤改良が必要な時にでも、他の工法に比べリーズナブルに対応できるのです。
また、鉄やコンクリートに比べ、木材の価格は比較的安定しているので、予算を立てやすいのも大きなポイントです。


木造住宅は設計の自由度が高い

木材はコンクリートや鉄に比べて加工が容易で、フレキシブルな間取りやデザインに対応しやすいという特長があります。
木造住宅には、木造軸組工法(在来工法)、木造耐力壁工法、丸太組工法(ログハウス)などの工法がありますが、木造軸組工法は、柱と梁で構成されているため、設計の自由度が高いのが大きなメリットです。新築時だけでなく、リノベーションを行う際も、壁を抜いたり、天井をあげたり、スケルトンにしたりと高い自由度で増改築することが可能です。

木造住宅は調湿性に優れている

木には調湿機能があります。つまり、梅雨のジメジメした季節には、室内の湿気を吸収し、冬の乾燥時には、湿度を放出して室内を快適な状態に保ってくれる効果が期待できます。そのため木造住宅は、四季のはっきりした日本の気候風土に合っていると考えられています。
構造だけでなく、床や壁などの内装材に木をふんだんに使った場合は、調湿作用はさらにアップします。また、木の内装材は傷つき、変色し、経年変化をしても、それが味わいとなるため、古びると汚らしくなる壁紙や絨毯とは大きく異なると言えるでしょう。

木造住宅の最大の魅力はぬくもりとやさしさ

日本人は昔から、木と親しんできました。そのせいか、床や壁など、内装に木をふんだんに使った住宅は、どこかほっとすると感じる人が多いようです。
木は製材された後も呼吸をし、調湿性能をもっています。また、内装によく使われるスギやヒノキは、独特の芳香を持ち、森林浴と同じような人の心をリラックスさせる効果があると言われています。適度な柔らかさがあって、肌ざわりがよいのも大きな魅力です。

木造住宅を検討するとき、耐震性能は大丈夫? 風雨による劣化やシロアリに弱いのでは? という点に不安を感じる方が多いようです。
しかし耐震性能は、厳しい基準をクリアするための構造計算を実施していることがほとんどですので、「木造だから地震が不安」と感じる必要性はないと言えるでしょう。
耐久性に関しては、法隆寺や正倉院などが証明しています。きちんとした木材を使って正しい工事を行えば、木造住宅でも十分な耐久性を得られるのです。
木造住宅の不安を払しょくするためには、高い技術を持つハウスメーカーや工務店を見極める必要があるでしょう。

木造、鉄骨、コンクリートのどの構造にも、メリットとデメリットがあります。周辺の環境や敷地の広さ、形状、高低差、建物の規模やデザインに合わせて、構造を選ぶことが重要です。
「狭小地なので5階建ての家にしたい」、「柱のない大空間が欲しい」、「コンクリート打ちっ放しのデザインが好き」など、特殊な条件やデザインには不向きですが、一般的な間取りの住宅であれば、リーズナブルで設計の自由度が高い木造住宅を検討してみてはいかがでしょうか。