自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

ペットと暮らす注文住宅デザインのコツ

ペットと暮らす注文住宅デザインのコツ

 

注文住宅だからこそ、ペットに優しい住環境づくりは、納得のいくまでこだわりたいものです。
ゼロからつくり上げる注文住宅では、人とペットが共に快適な暮らしを送るために、さまざまなアイデアを自由に取り入れることができます。ペットにとって優しい住環境は、人にとっても優しい住環境といっても過言ではありません。
四季を通じて健康的な室内環境を保つために、気密性・断熱性はもちろんのこと、換気性能や防湿性にも配慮していくことが大切です。
それでは、どんな環境がペットと暮らすにあたって理想的なのか、詳しく見ていきましょう。

注文住宅でペットに優しい住環境を実現

日中留守にする時間が長い家庭では、ペットが共に暮らす住環境について細心の注意を払わなければなりません。
気温が上昇する夏場に熱中症にかかる犬・猫の多くが、リビングなどの屋内でも発症しています。直射日光や換気不足による室温・湿度の上昇は、ペットにとって大きなダメージを与えるのです。

また、ペットを飼っている家庭が抱える悩みの一つに「臭い」の問題が挙げられます。高温多湿となりやすい場所ほど臭いがこもり、カビによる健康被害も心配されます。そのため、防臭だけではなく防湿・吸湿性に優れた建材または壁紙を採用するなどの工夫が必要になります。

このような課題があるものの、建売住宅では、ペットを飼うことを前提としたつくりにはなっていないことが多いです。しかし注文住宅であれば、ペットに優しい住環境づくりが実現できるはずです。

ペットの安全・安心に配慮した間取り

ペットの心の健康に対してはどのような対策が考えられるでしょうか。
例えば、突然の来客や玄関チャイムの音にストレスを感じてしまうペットの場合は、ペット専用のスペースを設けたり、あらかじめペット侵入禁止エリアを設けてストレスを与えないようにしたりなどの対策が考えられます。家族が留守中に浴槽に転落する事故なども少なくないことから、ペットの行動パターンを把握した上で、より安全な間取りを検討するようにしましょう。

ペットに優しい床材は?

つるつると足が滑ってしまう床材では、ペットの足腰を痛めてしまう恐れがあります。人にとっては「ゆっくり」歩いているつもりでも、後を追いかけてくるペットにとっては「小走り」になりますので、足腰への負担を容易に想像することができます。
実際に、日本国内で飼われて居る室内犬のうち約8割が足腰を悪くしているというデータもあります。

ペットの足腰への負担を軽減するには、適度な硬さとクッション性のある床材を選びます。天然の無垢材は肌触りもよく人気のある素材ですが、高価な上に傷が付きやすいデメリットもあります。一方、タイルカーペットまたは医療施設などでも使われるクッションフロアは、耐久性も高く比較的導入しやすい床材です。

お散歩に役立つ一工夫

家族とのお散歩の時間を何よりも楽しみにしているペットのために、お散歩前後のお手入れがスムーズに行える環境を整えておくと良いでしょう。例えば、玄関先にマナーシュート(ペット用汚物処理)を設置すれば、糞を室内に持ち込まずに処理できます。また、小さなシンクとシャワーがあれば、散歩で汚れたペットの足を洗い流すのに活用できます。

大切な家族の一員であるペットに健康で長生きしてもらうためにも、住まいの環境は大変重要な要素となります。ペットと暮らす注文住宅を建てる際は、ペットの性格や行動特性をよく理解した上で、後々後悔のないよう計画を立てるようにしましょう。