自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

注文住宅を建てるときに大事な窓の種類と配置

注文住宅を建てるときに大事な窓の種類と配置

 

窓は、外観やインテリアデザインに大きな影響を与え、快適な室内環境を保つ上でも、非常に重要な要素となります。
近年では、断熱性や遮音性、遮熱性など、さまざまな機能を持ち合わせた高性能な窓が登場していますので、注文住宅を建てるにあたって、窓の種類やデザインについて知っておきましょう。
ここでは、注文住宅を建てる際の窓の種類と配置についてご紹介します。

適材適所で選びたい窓の種類

窓の種類としては、以下のようなものがあります。

引違い窓

日本では最もポピュラーな横引き窓の一種です。ガラス面積と開閉面積が大きいので、採光や開放感を重視する空間に向いています。

はめ殺し窓

開閉のできない、主に明かり取りや眺望のために使われる窓です。デザイン性を重視した吹き抜けの上部やピクチャーウィンドウとして設置されることが多いです。

折りたたみ窓

全開できるタイプの窓で、全開口サッシとも呼ばれています。テラスやデッキなどで、室内と戸外を繋げて使いたい場合に活用されるケースが多いです。

ルーバー窓

ハンドルを回して、ガラスの角度を変えて、開閉する窓です。ガラリ窓やジャロジーとも呼ばれています。通風量が多いので、トイレや洗面所など水まわりの通風用として使用されることが多く、防犯性が低いのは難点です。

出窓

開口部が外に突き出したタイプの窓です。長方形や多角形(ベイウィンドウ)、弓形(ボウウインドウ)など、さまざまなデザインがある。窓の下部は飾り棚として使われることが多いです。

トップライト

屋根に設置する窓です。壁面の窓に比べ約3倍の採光効果があり、住宅密集地などで、壁面の窓からの採光が確保できないときなどに有効です。雨センサーや熱センサーによって自動開閉するタイプもあります。

すべり出し窓

「縦すべり出し窓」と「横すべり出し窓」があり、いずれも軸がずれながら開閉します。トイレや洗面所などの通風用の小窓として使われることが多く、気密性が高いのが特徴です。

この他に、外開き窓、上げ下げ窓、オーニング窓、内倒し窓など、開閉の仕方が異なるさまざまな窓があります。

材質別サッシ(窓枠)の種類と特徴を知る

窓は、サッシ(窓枠)+ガラスで構成されていますので、窓を選ぶ際は、サッシとガラスを選ぶ必要があります。サッシの主な素材の種類と特徴は以下の通りです。

アルミサッシ

現在、最も普及している窓枠がアルミサッシだと言われています。強度、気密性、耐候性に優れ、軽量で開閉の操作がしやすく、コストも比較的リーズナブルです。しかし、熱伝導率が高く、窓の内外の温度差により結露しやすいのが短所としてあります。

樹脂サッシ

硬質塩化ビニール樹脂のプラスチックを主な材料としている窓枠で、遮音性、断熱性が高く、複層ガラスとの組み合わせでより高い性能を得ることができます。価格はアルミサッシよりやや高めです。

木製サッシ

近年では、優れた気密性、断熱性を持ち合わせた木製サッシが登場し、高価ながら人気が高まっています。木製サッシの優れた点は、その質感や風合いと、結露しにくい点です。ただし、腐食や磨耗などの耐久性がやや劣るという短所があります。

この他には、アルミサッシと樹脂サッシや木製サッシを組み合わせた「複合サッシ」、重厚感のある「スチールサッシ」などがあります。

ガラスの種類を知る

ガラスの種類は、大きく分類して一般ガラスと機能ガラスの二種類があります。ここでは、住まいの性能を高める機能ガラスを中心にご紹介します。

複層ガラス

2枚または3枚の板ガラスの間に、乾燥した空気の層を封入することで断熱性を高めたガラスです。結露を防止するとともに、省エネ効果もあり、近年の住宅の主流になっています。

Low-Eガラス

ガラス表面に特殊なコーティングを施し、熱を伝達しにくくしたガラスです。多くは複層ガラスと共に採用されます。

合わせガラス

2枚の板ガラスの間に柔軟で強靱な中間膜をはさみ、熱と圧力を加えて接着させたガラスです。防犯ガラスも合わせガラスの一種で、万一割れた場合でも、飛び散ることがありません。

真空ガラス

2枚のガラスの間に真空層を設け、断熱性を高めたガラスです。真空層が0.2mmと薄く、1枚ガラス用のアルミサッシにも装着できます。

ちなみに、一般ガラスの種類には「透明板ガラス」、ガラスの片面に模様をつけた「型板ガラス」、すり加工をした「すり板ガラス」、破損したときに破片が飛び散らないように金属網を封入した「網入板ガラス」などがあります。
場所とコストを考え合わせて、使い分けるのも一つの方法だと言えるでしょう。

窓には、「採光」、「通風・換気」、「眺望」といった役割があり、建物の間取りや周辺環境に適した性能が求められます。
注文住宅を建てる際は、適切な機能を持ったサッシや窓ガラスを選び、大きさ、配置、デザイン性にもこだわると良いでしょう。