自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

注文住宅での部屋の壁紙の選び方

注文住宅での部屋の壁紙の選び方

 

壁紙は、部屋の雰囲気を左右する大切な要素の一つです。注文住宅を購入する際は、まず、家具、カーテン、室内設備、照明などを含めた部屋全体のインテリア・プランを固めてから、それらにマッチした色・素材の壁紙を選別していきます。壁紙は、手のひらサイズに切り取られたサンプルを見ながら選ぶため、なかなか実際のイメージを把握しにくいかもしれません。その際は、コーディネート例などを参考にしながら候補を絞り込んでいくと良いでしょう。
ここでは、リビング、寝室など部屋の種類によってどのような壁紙が適しているかについて説明します。

リビングの壁紙

部屋のなかで最も面積が広くなるリビングには、家具との調和を図るためにも、ベージュ系・薄いグレー系など、できるだけシンプルな色がおすすめです。全体に無地の壁紙を貼ると殺風景になりがちですが、一部分に色合いの異なるアクセントクロスを加えると、おしゃれな雰囲気に早変わりします。

ダイニングキッチンの壁紙

家族が食卓を囲むダイニングキッチンは、いつも清潔に保ちたいもの。油汚れや食べこぼしも手間なくさっと拭き取れる、汚れに強い壁紙を貼っておけば安心です。また、ダイニングキッチンでは、食欲を増進させるオレンジ系の壁紙がおすすめです。リビングと続いている場合は、バランスに配慮しなければなりませんが、オレンジ色のアクセントクロス、またはタイルを施す方法もあります。

寝室の壁紙

寝室に、あまりにも派手な柄の壁紙を選んでしまったがために、夜なかなか寝付くことができないといった失敗談も聞かれます。また、濃い色を選んでしまうと、布団に入って天井を見上げた時に圧迫感を感じやすくなってしまうため、できるだけ淡く、落ち着いた色を選ぶようにします。吸湿・防カビ加工がされた壁紙を選ぶと、湿気のこもりやすい寝室を清潔に保つことができます。

トイレ・洗面所の壁紙

トイレ・洗面所では、水はねによる壁の汚れ、カビの発生が心配されますので、防水・防カビ加工が施された壁紙が適しています。さらに、トイレでは、防臭効果があるものを選ぶと手入れも一段と楽になるでしょう。
汚れが目立つ白系の壁紙は避けた方が無難です。暗くなりがちな狭いスペースには、明るい色・柄の壁紙を選ぶと、光の反射効果で部屋全体が明るく感じられるようになります。

子供部屋の壁紙

まだ幼い子供の場合は、落書きやひっかき傷などに悩まされがちです。そのため、汚れを落としやすく、傷が付きにくいよう表面を強化した壁紙を選ぶようにしましょう。ハウスダストやカビに反応し、体調を崩す心配がある場合は、防カビ・防塵加工が施された壁紙、または天然素材を用いた壁紙がおすすめです。
子供部屋向けの壁紙には、アニメキャラクターが描かれたものなどたくさんの種類が取り揃えられています。大好きなキャラクターに囲まれた部屋で過ごすようになってから、夜一人で眠れるようになるなどの変化を得られることも少なくありませんので、お子さんと一緒にお気に入りの壁紙選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

注文住宅を建てる際に選ぶ壁紙は、部屋の雰囲気や好みだけではなく、防水・防カビ・耐久性などの機能性にも配慮しながら選ぶことが大切です。たくさんの種類があって、どれを選んだら良いか悩んでしまった場合は、専門の業者さんによく相談しながら、各部屋に最適な壁紙を選ぶようにしましょう。