自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

注文住宅に設置するトイレはどれがよい?

注文住宅に設置するトイレはどれがよい?

 

マイホームの水回りは、生活の快適さに大きく影響する部分です。たとえば、トイレは家づくりにおいて後回しにされてしまいがちなスペースですが、家族が1日に何度も利用することを考えると、使い勝手についてはしっかりと考えておくべきでしょう。そこで今回は、注文住宅に設置できるトイレの種類とその特徴を詳しく解説していきます。

トイレの種類とその特徴

注文住宅のトイレを考えるときは、まず「タンク式トイレ」にするのか「タンクレストイレ」にするのかを決める必要があります。では、それぞれの特徴を詳しくみてみましょう。

タンク式トイレ

いわゆる洋式トイレとして広く知られている一般的なトイレのこと。便器本体とタンク部分で構成されたトイレで、タンクにためた水を使って流す仕組みになっています。

手洗い付きのタンクと、手洗いなしタンクの2種類があり、手洗い付きはタンク上部で手を洗うことができるため、手洗い場を別に設ける必要がないというメリットがあります。

また、タンクにためた水を使って小便、大便を流すため、水圧に左右されることがありません。タンクレストイレと比べると価格も安いのが一般的ですが、タンク部分と便座部分に凹凸が多く、隅々まで掃除しにくいというデメリットがあります。

タンクレストイレ

その名の通り、タンク部分がないトイレのこと。タンク式トイレと比べるとコンパクトで見た目もスタイリッシュなため、ここ数年人気の高いタイプです。

タンク内に水をためて洗浄するタンク式トイレと異なり、タンクレストイレは給水栓から直接水を取り込むため、タンク式トイレのように水がたまるのを待つ必要はなく、連続的に洗浄できるのが魅力です。さらに、タンクがない分、凹凸のないシンプルな作りになっているため手入れがしやすいというメリットもあります。

ただし、給水栓から直接水を取り込む仕組みですから、水圧の低い所では使えない場合もあるので注意が必要です。また、タンク式トイレと比べて価格が高いものが多いというデメリットもあります。

トイレといっしょに取り付けると便利なもの

トイレのタイプが決まったら、次はトイレの雰囲気を左右するアクセサリー選びです。機能面だけでなくデザイン性の高いアイテムもたくさんありますので、自分たちの理想のトイレに仕上げることができます。まずは、トイレに必要なアクセサリーを把握しておきましょう。

ペーパーホルダー

トイレットペーパーを壁に掛けるときに必要なホルダーです。ウォシュレットのスイッチと一体型のものや、トイレットペーパーを2つ並べて置ける2連型のものが一般的ですが、アイアン調のペーパーフックのようなレトロなデザインのものや、スタンドタイプのようにスタイリッシュなデザインのものも人気です。

手洗い器

トイレ内に手を洗う場所を作る場合は、コンパクトなものがおすすめ。陶器やホーローのような手洗い器も人気です。

タオル掛け

手洗い器とセットで必要なものです。もちろん、手洗い付きタンク式トイレの場合にも必要です。

収納棚

予備のトイレットペーパーやサニタリー用品、掃除道具などをスッキリと収納しておくためにも、収納棚は必須です。壁面収納にするか床置き収納にするかによってトイレの印象も異なります。

手すり

高齢者のいる家などでは便座横に手すりを設置しておくと安心です。

近ごろはトイレにも快適さや居心地のよさを求める人が増えています。注文住宅で家を建てるときには、上記を参考にして自分たちのこだわりを取り入れてみてはいかがでしょうか?