自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

平屋を建てるメリット、デメリット

平屋を建てるメリット、デメリット

 

1階から2階への登り降りがなく、ワンフロアで生活をすることができる平屋は、シニア世代はもちろん、近ごろは若い世代からの人気も高くなっています。暮らしやすさはもちろん、家作りの楽しみが広がる平屋住宅。今回は、その魅力について、詳しく解説していきたいと思います。

そもそも平屋ってなに?

「平屋」というのは、いわゆる1階建て住宅のことで、かつての日本では「家」というと平屋タイプのものがほとんどでした。その後、狭い敷地でも部屋数を確保できる2階建てが主流となり、「平屋=広い敷地がなければ建てられない」というイメージが定着しましたが、少子高齢化などの影響もあって、最近再び人気が高まっています。

平屋の魅力とは

平屋にはどのような魅力、メリットがあるのでしょうか。主なものとしては以下のものが挙げられます。

ワンフロアで生活ができる

平屋住宅の一番の魅力といえば、やはり1階と2階の登り降りを気にせずに生活できるという点です。起床から就寝まですべての生活をワンフロアで行うため、生活動線に配慮した間取りにしやすく、家族がリビングに集いやすいという魅力もあります。

天井を高くすることができる

2階がない分、天井が高く開放的な空間を作ることが可能です。天窓を設ければ、光を取り込みやすく、住宅街でも室内を明るく保つこともできます。

施工費が割安

平屋住宅は2階建て住宅と比べて建物の規模が小さくてすむため、施工費用を比較的安くすることも可能です。

地震に強い

建物の高さが低いため、地震や台風などの影響を受けにくいという点も魅力のひとつです。

メンテナンスがしやすい

平屋住宅は2階建て住宅と比べて、日常の掃除はもちろん、定期的なメンテナンスがしやすいというメリットもあります。たとえば、外壁塗装を行う場合も、2階建ての場合は大掛かりな足場を組まなくてはいけませんが、平屋ならその必要もありません。

平屋のデメリットとは

一方、平屋のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

土地の広さが必要

当然のことながら、2階建てと比べるとある程度の土地の広さは必要です。とはいえ、近ごろはさまざまなプランの平屋住宅がありますから、設計次第では狭い土地でも快適に暮らせる平屋を建てることができる場合もあります。最初から諦めるのではなく、まずは相談してみるとよいでしょう。

防犯面での不安

平屋住宅は開口部が大きく、窓の数も多いため、外部から侵入されやすいというデメリットもあります。安全な暮らしを確保するためにも、風通しを確保できるシャッターや、強化ガラスを採用するなどして万全の防犯対策が必要です。

プライバシーの確保

陽当たりを確保するために窓を多くすると、今度は近隣住宅からの視線が気になってしまうケースもあるので、窓の配置などには工夫が必要です。

家は広ければよいというわけではありません。ムダなスペースを減らしてコンパクトに暮らすことができるのも平屋住宅の魅力のひとつですから、将来のライフプランをしっかり設計したうえで、検討してみるとよいでしょう。