自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

土地購入手続きの流れ

土地購入手続きの流れ

 

注文住宅を建てる際、当然土地の購入も必要になります。住宅の契約と受け渡しが完了した後になって、土地に隣接する家の下水管が埋まっていたり、購入申し込みをしていたにも関わらず、ほかの人に契約をされてしまったり……といったトラブルに巻き込まれないよう、知識を備えておくことが大切です。また、信頼のおける不動産会社(仲介業者)を選ぶことも、スムーズな契約を進めていく上で重要なポイントとなります。ここでは、土地購入手続きの流れを紹介しましょう。

土地の売買契約で買主が準備する書類は?

土地の購入では、買主、売主ともに多種多様な書類を準備しなければなりません。このうち買主側では、契約の手続きを行うまでに身分証明書、住民票、印鑑証明書、住民税決定通知書、源泉徴収書または確定申告書、健康保険証、売買契約書の提出を求められるのが一般的です。また、印鑑(実印)と売買契約書に貼る印紙も忘れずに準備しておきましょう。
ローンを組んで購入する場合と、現金で購入する場合では必要な書類が異なるケースがありますので、不動産会社にあらかじめ問い合わせておくと安心です。

なお、土地の売買契約でもトラブルの原因となるのが「売買契約書」の内容に関するものです。土地の売買は、買主と売主が対等な立場で行われるものですが、一度売買契約書に捺印してしまうと、原則として内容を変更することはできません。売買の対象となる土地の所在地(地番、地目、地積)、売買代金、支払い時期と方法、引き渡し前に自然災害が生じた場合の責任(危険負担)、契約解除時の取り決めなど、一つひとつの内容を理解してから捺印するようにしましょう。

土地購入の手続きの流れ

では、下記で土地購入をする際の流れを見ていきましょう。
土地選びでは、新聞広告やインターネットなどに掲載される図面を見るだけではなく、必ず現地に足を運んで、周辺の環境や土地の状態を確認することが大切です。その後、条件に沿う土地が見付かったら、その土地を管理する不動産会社に連絡を入れましょう。そのときに、図面に書かれていない点や権利関係についての詳細を確認します。

土地購入を決めたら、不動産会社に「購入申込書」を提出します。これは、土地の所有者と売買契約を結ぶために必要な書類です。不動産会社が提示する売買条件に売主が納得すれば、いよいよ契約に辿りつきます。
土地の売買契約では、宅地建物取引業法に定められた通り、宅地建物取引士から重要事項の説明を受けなければなりません。買主は、事前に提示されていた内容と差異がないかどうかなど、契約内容を熟読した上で記名、捺印します。その後、土地代金の手付け金および仲介手数料、契約書類に添付する印紙代などを支払い、領収証を受け取った時点で契約成立です。

手付け金を除いた土地代金は、土地引き渡し日に支払います。また、引き渡しと同時に土地の所有権移転登記を行いますが、このとき、登記所に支払う「登録免許税」と手続きを代行してもらった場合には司法書士へ支払う費用が発生します。さらに、売主に対しては、固定資産税や都市計画税の精算を行う場合がありますので、契約前にあわせて確認しておきましょう。

土地の購入は、マイホーム取得に向けての大きな一歩となります。スムーズに契約できるように、必要な書類や手続きの流れについて、あらかじめしっかりと把握しておきましょう。