自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

家に付ける表札の素材はどれにする?

家に付ける表札の素材はどれにする?

 

素材からデザインまで実に豊富な種類がある玄関の表札。小さいながらも、その家のセンスが感じられるポイントでもありますから、念願のマイホームを建てる際にはぜひこだわってもらいたい部分です。そこで今回は、家につける表札について、その素材の種類と特徴を詳しくご紹介していきます。

天然石(大理石など)を使った表札の特徴

大理石や御影石といった、天然の石を使った表札は、高級感がある仕上がりが特徴です。名字だけのシンプルな長方形タイプのものから、飾りを施した正方形のモダンなタイプまで、和風の家、洋風の家問わず、広く使うことができます。

天然石の中でも黒御影石は特に耐久性が高く、門柱用の表札におすすめ。取り付け方法としては、壁に埋め込む方法、釘で取り付ける方法、接着剤で取り付ける方法などが一般的ですが、ほかの素材よりも重量があるため落下しないようにしっかりと取り付けておくことが大切です。雨やホコリなどで汚れてしまった場合には、中性洗剤を布に含ませて拭き取り、きれいに取り除きましょう。

天然木を使った表札の特徴

白木やヒノキ、ケヤキなどの天然木を使った日本の伝統的な表札です。和風タイプのものから洋風タイプのものまで、さまざまなテイストが楽しめるのも魅力です。加工しやすい素材のため、シンプルな四角形はもちろんカーブをあしらったものなど自由な形を選ぶことができます。

ただし、天然木は雨や紫外線などで劣化しやすいため、ある程度取り付け場所が制限されるというデメリットもあります。経年劣化を防ぐためには、表面の保護塗料を定期的に塗り直すなど、こまめな手入れが必要です。

陶磁器、タイルを使った表札の特徴

有田焼、美濃焼き、七宝焼き、備前焼などの陶磁器やタイルを使った表札は落ち着いた色彩や材質が魅力です。文字部分は彫刻加工が一般的ですが、日本語だけでなくローマ字でも違和感のないデザインを選ぶこともできます。陶磁器やタイルを使った表札は耐久性に優れているのも特徴です。

ステンレスを使った表札の特徴

ステンレスを使った表札は、洗練された雰囲気が最大の魅力。愛犬のイラストを施したり、草花のイラストをワンポイントでプラスしたり、加工やレイアウトがしやすいので、オリジナリティあふれる個性的な表札に仕上げることができます。ただし、表面に傷がつきやすいため、天然石や陶磁器などと比べると耐久性の面でやや劣る部分もあります。

鉄を使った表札の特徴

近年人気の高い鉄を使ったアイアン表札。加工しやすい素材のため、文字だけを立体的にあしらったロートアイアンや、陶器などとコラボしたものなど、デザインも豊富です。ただし、鉄は必ず錆が出てしまうため手入れや耐久性が低いというデメリットもあります。その対応として、アルミ鋳物を使ってアイアン調に仕上げているものも多くあります。

上記を参考にしてそれぞれの特徴を正しく理解したうえで、マイホームに合った表札を選ぶようにしましょう。