自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

郵便受けの種類とおすすめの設置場所

郵便受けの種類とおすすめの設置場所

 

家の外観の印象を決めるときにポイントとなるのが、郵便受けです。せっかく新しく家を建てるのですから、室内のインテリアはもちろんエクステリアにも自分たちのこだわりをプラスしてみませんか? そこで今回は、さまざまな種類の郵便受けのなかから、家の雰囲気にぴったりのものを選ぶコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

郵便受けの種類とおすすめの設置場所

郵便受けは、郵便物の投函口・取り出し口のタイプだけでなく、素材や全体のデザインなどにおいてもさまざまな種類があるため、そのなかからお気に入りのひとつを見つけるのはなかなか大変です。

そこでおすすめなのが、郵便受けの設置方法から選ぶ方法です。郵便受けの設置方法には大きくわけて、「埋め込みタイプ」、「壁掛けタイプ」、「独立タイプ」の3種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

埋め込みタイプ

門柱や塀、外壁などに埋め込んで設置するタイプの郵便受けのことです。金属の開口部のみが壁面に出ているタイプや、壁に馴染むように設置されたシンプルなものが主流ですが、なかには表札と一体化したものや、あえて存在感のある素材を使ったものなど、外観のアクセントとして使われているものもあります。門柱など玄関から離れた場所に設置すると、天気によっては郵便物を取りに行くのが煩わしく感じることもあるようです。

壁掛けタイプ

その名の通り、壁に直接取り付けるタイプの郵便受けです。玄関横の壁に設置されることが多いため、薄型が主流になっています。デザインも豊富なので、家のテイストに合わせたものを選べるのが魅力です。

雨の日でも濡れずに郵便物を取りに行けるという便利さがある一方で、設置場所によっては郵便物や新聞を配達する人がプライベートエリアまで立ち入ってしまうことが気になる人もいるでしょう。

独立タイプ

地面に埋め込まれたポールや枕木などにポストを固定するタイプを指します。多種多様なデザインがあり、設置場所を選ばないためエクステリアや家の雰囲気と合わせやすいのが魅力です。

郵便受けを選ぶときの注意点

郵便受けを選ぶときには、見た目のデザインだけでなく機能面や防犯性も考慮することが大切です。投函口のサイズが小さすぎるとカタログなど厚めの郵便物が入りませんし、雨の当たる場所に設置する場合は水が侵入しづらい構造になっているかも確認しておきましょう。

また、郵便物の盗難やいたずらなどの被害を防ぐためにも、外側から郵便物が抜き取りにくい形状になっていることも大切です。共働きで普段長時間にわたり留守になる家は、死角を避けてなるべく人の目に付きやすい場所にポストを設置するようにしましょう。ダイヤル錠が付いているポストや、外付けのカギが取り付けられるポストを選ぶなど、防犯面への配慮が大切です。

ポストは毎日使うものですから、上記を参考にしてデザインだけでなく使いやすさや設置場所もしっかりと考えるようにしましょう。