自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

2階にリビングを作るメリット

2階にリビングを作るメリット

 

近ごろは、良好な風通しや採光を確保するために、2階にリビングを作る家も増えています。では実際のところ、2階にリビングがある家の暮らしとはどういうものなのでしょうか。今回は、2階にリビングを作るメリットとデメリットについてそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

2階にリビングを作るメリット

2階にリビングを作るメリットとしては、主に「陽当たりや風通しのよさ」、「開放感がある」、「近隣の視線が気にならない」という3つのことが挙げられます。それぞれ詳しく説明していきます。

陽当たりや風通しのよさをある程度確保できる

分譲地などでは周囲に家が増えることで、家を建てた当初よりも陽当たりや風通しが悪くなってしまうことはめずらしくありません。リビングを2階に作ることで、そういった問題をある程度予防することが可能です。

開放感が得られる

2階のリビングとバルコニーを一体にすることで、空間を広々と見せることが可能です。天井を高く設ければより開放的な空間を楽しむこともできます。

近隣の視線が気にならない

周囲に家が立ち並ぶ住宅地では、周囲の視線がどうしても気になってしまうもの。せっかく陽当たりのよい部屋にリビングを作ったとしても、常にレースのカーテンを閉じたままでは魅力半減です。2階のリビングなら、そういった周囲の視線を気にすることなく、オープンな空間を楽しむことが可能です。

2階にリビングを作るデメリット

では反対に、2階にリビングを作るデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。主な問題点としては以下の点が挙げられます。

登り降りが大変

2階にリビングを設けることのデメリットとして真っ先に思い浮かぶのがコレ。買った食材や日用品などを2階まで運ぶことは、しっかりと想定しておく必要があります。また、自分たちが高齢になった場合、階段を登り降りすることが苦になってしまう可能性も考慮しておくことが大切です。

家族が帰って来てもわかりにくい

お子さんのいるご家庭では、この点を気にする方も多いようです。2階にリビングを作ると必然的に1階に子ども部屋を設けるケースが多いです。玄関から自分の部屋に直接出入りができてしまうことで、親として子どもの行動に目が行き届かなくなってしまう場合があります。

暑さの問題

暖かい空気は上にあがるため、1階に比べて2階のほうが暑くなりやすいものです。2階にリビングを作る場合には、断熱材がしっかりと効力を発揮していることが不可欠です。

結局、1階か2階どちらがよいの?

2階リビングにはメリットとデメリットの両方があることがわかりましたが、結局のところどちらを選べばよいのでしょうか。たとえば、今後周囲に家が建つことで陽当たりが将来的に悪くなることがわかっているのであれば、あらかじめ2階にリビングを設けるのもひとつの方法でしょうし、階段の登り降りや荷物を運ぶことがすでに大変な年代であるのならリビングは1階に設けたほうが賢明でしょう。

大切なのは家族構成や生活スタイル、将来的な暮らしを細かく想像したうえで、どちらがよいかを決めるということです。

リビングを1階にするか2階にするかによって、ほかの部屋の配置は大きく変わってきます。まずは2階リビングのメリット、デメリットをしっかりと理解したうえで、どちらがよいのかを決めるようにしましょう。