自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

注文住宅ならこだわりたい!キッチンの形状はどれにする?

注文住宅ならこだわりたい!キッチンの形状はどれにする?

 

注文住宅で家を建てる魅力のひとつに、キッチンやバスルームなどの水回りを自分たちの理想の形に仕上げられることがあります。特に、キッチンは使い勝手のよさが何よりも求められる場所ですから、何度もショールームに足を運んで厳選に厳選を重ねる方は多いのではないでしょうか。そこで今回はキッチン選びの参考に、代表的なキッチンの形状とその特徴をご紹介します。

I型キッチンの特徴

シンクや調理機器、調理台などが横一列に並んだタイプのキッチンで、システムキッチンで最も一般的なレイアウトです。壁側に設置したり、キッチンとダイニングの境界に置いて対面キッチンにしたり、いろいろな使い方ができるのが特徴です。

ほかのタイプと比べるとムダがなく省スペースで、価格的にも比較的安く仕上げることができます。横長の配置になっているため動線のムダも少なく、段取りよく調理をすることが可能ですが、2人以上で台所に立つ場合は動線が重なってしまって動きにくいというデメリットもあります。

II型キッチンの特徴

シンクと調理機器を壁側に、調理台とキャビネットが反対側に向かい合わせで配置されたキッチンのことです。このタイプはキッチンの広さに余裕がある場合や、二世帯などで家族が多い場合などに向いています。また、キッチンが独立した間取りになることが多いため、料理が好きで調理中は集中したいという人にもぴったりなタイプです。

収納スペースをたくさん確保できるというメリットがある一方で、キッチンの広さが充分でない場合には動きにくくなってしまう可能性もあります。

U型キッチンの特徴

シンク、調理機器、調理台、キャビネットなどがU字に配置されたキッチンのことです。調理スペースが広くなるため、二世帯や大家族などでも広々と使うことができます。

ただし、それほど広いスペースが必要ない場合には、スペースを持て余してしまうだけでなく、動線が長くなって調理の作業効率が悪くなってしまうこともあります。このタイプはキッチンが独立した間取りになることが多いため、調理中もリビングダイニングにいる家族とコミュニケーションが取りたいという人にはあまりおすすめできません。

L型キッチンの特徴

シンク、調理機器、調理台、キャビネットなどをL字に配列したキッチンのことで、I型キッチンの次に人気のタイプです。ほかのタイプと比べると動線が短いため、洗いものをしながら煮炊きの火加減をみるなど、効率的に調理を進めることができます。ただし、コーナー部分にムダなスペースができてしまうため、収納に工夫が必要です。

キッチンを選ぶ際には家族の人数や間取りの広さなども考慮しておくことが大切です。ダイニングと一体化したオープンキッチンがよいのか、対面式のキッチンがよいのか、それとも、キッチンは独立していたほうがよいのかによって選ぶべきタイプも異なります。上記を参考にして、自分たちのライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。