自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

部屋につける照明の色の選び方

部屋につける照明の色の選び方

 

照明器具は、設置する位置やデザインだけではなく、照明の色にもこだわって選ぶことをおすすめします。同じデザインの照明器具でも、照明の色によって部屋の雰囲気が全く異なり、そこを訪れる人に与える印象も変わってきます。照明の色の種類と特徴を知って、部屋の用途や好みに合った色を選ぶようにしましょう。

照明の色の種類とその特徴について

照明器具に装着する蛍光灯またはLED電球は、照明が放つ光の色から数値化される「色温度」によって、電球色、白色、昼光色の3つに分類されています。以下に、それぞれの特徴について説明します。

「電球色」の特徴

電球色の色温度は2800K~3000K(ケルビン)とされており、色温度が2000K前後であるロウソクや日の出・日没時の太陽の色に近い、ややオレンジ色に近い色を放つのが特徴的です。暖かく落ち着いた雰囲気があり、和室にもよくなじむ色です。メーカーによっては「リラックス色」「ウォーム系」などと呼ばれています。

「白色・昼白色」の特徴

白色の色温度は4000K程度です。ちょうど月明かりに近い照明であることから、「ナチュラル色」「マイルド色」などと呼ばれています。また、白色よりもやや色温度が高い「昼白色(5000K)」は、昼間の太陽の色温度(5500K前後)に最も近い色とされ、自然な灯りを好む人に適しています。

「昼光色」の特徴

昼光色の色温度は、6500K~6700K。白色・昼白色よりもさらに明るく、やや青っぽい光を放ちます。「クール色」「フレッシュ色」などとも呼ばれ、すっきりとした印象を与える色です。覚醒効果や集中力を高める色と言われることから、多くのオフィスで昼光色が採用されています。

部屋別!照明の色の選び方

では次に、部屋の種類によって変わる照明の色の選び方についてご紹介します。

リビングにおける照明の色の選び方

オフィスの照明も昼光色、家に帰って来てからも昼光色では、なかなか気分が落ち着かないかもしれません。家族団らん、くつろぎの空間として過ごすリビングには、色温度が比較的低い照明を選ぶと良いでしょう。昼白色はテレビを見たり、読書をしたりする機会が多い場合に、ムーディーな気分で映画鑑賞を楽しみたい場合には電球色というように使い分けます。

ダイニングにおける照明の色の選び方

ダイニングでは、食べ物をおいしく見せる効果があると言われるオレンジ色に近い電球色が人気です。最近では、ダイニングテーブルを使って勉強をする子供も増えているため、集中力が高まる昼光色と切り替えができるように工夫するケースも多いようです。

寝室における照明の色の選び方

1日の疲れを癒す寝室は、リラックス効果の高い電球色がおすすめです。色温度が低いほど赤色が強くなり、部屋全体に安らぎを与えてくれます。ただし、寝室内に洋服ダンスやクローゼットがある場合は、洋服の色と照明の色が混ざり見間違ってしまう場合があるため、注意が必要です。

照明の色は、脳や自立神経系に影響を与えることが科学的に照明されています。最近では、仕事内容によって照明の色を変えるオフィスも増えており、これまでになかった種類の色も販売されるようになっています。ぜひ、照明の色にもこだわってみてください。