自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

適材適所! 注文住宅の床材の選び方

適材適所! 注文住宅の床材の選び方

 

床材は、内装全体のイメージを大きく左右する重要なポイントの一つです。床材と一口に言っても、色やデザイン、素材、価格によってさまざまな種類があるため、どの床材を選んだら良いか悩む人も多いのではないでしょうか。一度住みはじめてしまうと、簡単には交換が効かない部分ですので、注文時にそれぞれの床材のメリット、デメリットをよく検討しておくことが大切です。ここでは、注文住宅の床材を選ぶ際に参考にすべきいくつかのポイントを紹介します。

注文住宅の床材を選ぶ際のポイント

床材は、耐水や耐久の度合い、遮音性能、掃除のしやすさなどの「機能性」、手足の感触、気候に配慮した「快適性」、壁や天井、インテリアとの調和を図る「デザイン性」の3つのバランスを念頭に置いて選定します。例えば、色やデザインにばかりにこだわって選ぶと、物を引きずったときに傷が付きやすかったり、ワックスがけなどの手入れが負担になったりするかもしれません。上述したように、床材は後々の変更が難しい部分ですので、慎重に吟味していきましょう。

床材にはさまざまな種類があり、使用される素材や厚み、加工方法によって特徴が異なるため、それぞれのメリットとデメリットを把握しながら、適材適所の床材を選定していくことが大切です。

注文住宅の床材の種類について

注文住宅で使用される床材には、木質系(フローリングやコルクなど)、畳、カーペット、石やタイル、合成樹脂系(クッションフロア、プラスチック床材など)をはじめたくさんの種類があり、用途や好みによって自由に選ぶことができます。

このうち、住宅において最も広く用いられているのが木質系の中でも「フローリング」です。フローリングは、耐久性に優れ、掃除がしやすくハウスダストやダニを寄せ付けにくいのが特徴です。また、自然の塗料やワックスを塗って艶を与えたり、好みの色を付けて変化を楽しんだりすることもできます。ただし、重い物を落としたりキャスターを引きずったりすると、すぐに傷が付いてしまうという性質があります。さらに水分に弱い性質も持ち合わせているため、水回りに使用する際は撥水(はっすい)加工がされた素材を選ばなければなりません。

独特な感触と香りが特徴の「畳」は、日本の住宅には欠かせない床材と言っても過言ではありません。素足で歩いても肌触りがベタベタせず、天然の抗菌作用があるのも魅力です。ただし表面が磨耗しやすく、定期的に張り替えが必要になる点がデメリットとして挙げられます。

吸湿性や吸音性が高い「カーペット」は、部屋全体に高級感を与えてくれます。滑りにくく、転んでも怪我をしにくいメリットもあります。一方、シミが付きやすく、毛足にホコリが溜まりやすいという点や、掃除にやや手間がかかる点がデメリットとして挙げられるでしょう。

「石やタイル」は、水や汚れに強く、手入れがしやすいため、水回りの中でも汚れやすいトイレや洗面所、キッチンに使用するのがおすすめです。ただし、肌触りが冷たいのが特に冬場においてやや難点となります。

合成樹脂系の中でも「クッションフロア」は、塩化ビニル樹脂を用いた床材です。掃き掃除、拭き掃除ともに手間がかからず、ソフトな弾力性があるため人気の素材ですが、熱や摩擦に弱いため注意が必要です。

床材は、家族全員がいつも肌で触れるものだからこそ、機能性だけではなく肌触りや見た目の美しさなど、さまざまな要素に注目しながら選んでいきたいものですね。10年、20年先も自慢の家であり続けるように、家族の夢や願いに沿った家造りを目指してみてはいかがでしょうか。