自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

注文住宅のエクステリア(外構)も忘れずに

注文住宅のエクステリア(外構)も忘れずに

 

「インテリア」という言葉に対して、建物の外まわり全般を「エクステリア」と言います。具体的には門扉やフェンス、物置、カーポート、アプローチ、庭、植栽など。
エクステリアは建物を引き立て、町並みと調和するデザイン、生活に便利な機能性やセキュリティ、コストなどを意識して考えたいものです。
ここでは、注文住宅のエクステリア(外溝)についてご紹介します。

エクステリアの種類

エクステリアのデザインはさまざまですが、大きく分類すると、次の3つのスタイルがあります。それぞれの特徴を解説します。

開放的なデザインのオープン型

一般的に「オープン外構」と呼ばれるもので、敷地の境界線に門扉やフェンス、塀などを設けないスタイルです。メリットは、狭い敷地でも、駐車スペースや物を置くスペースの確保をしやすい点。さらに、門扉、塀などを設けないため、外構コストを削減することができます。
敷地への出入りが簡単なため、防犯性に不安があると思われがちですが、近隣からの見通しがよいことで、逆に防犯性が高まるという考え方も。その反面、プライバシーの確保が難しくなる場合もあります。
また、幼い子供やペットがいる場合は、道路への飛び出しなどが心配。オープン外構は、周辺環境や建物の間取りとの関連性、家族構成を考慮しなければならないでしょう。

プライバシーを重視したクローズド型

道路や近隣からの視線を遮断するよう、背の高いフェンスや塀、生垣などで敷地の外周を囲むスタイルです。プライバシーを確保できるので、近隣を気にせず、庭でプライベートな時間をゆっくり過ごしたい場合に向いています。
ただ、敷地が狭い場合は、圧迫感を与えてしまうケースも。閉鎖的なために泥棒の侵入に気づかれにくく、防犯上の不安もあります。重厚で風格ある門構えを演出することも可能ですが、コストがかさむ傾向にあります。

いいとこどりのセミクローズド型

実際の施工で、最も多いのが「オープン」と「クローズ」、両方の良さを取り入れた、折衷スタイルのセミクローズド型です。「セミオープン型」ともいいます。
周囲の空間を完全に遮断しない高さのフェンスや塀に、控えめな門柱、門扉を組み合わせるプランが多く、開放的な印象を与えながらも、プライバシーを確保します。郊外でも、住宅が密集した都市部でも、どちらの住宅にも向いたデザインです。

知っておきたい、エクステリアの工事方法

注文住宅を建てるとき、エクステリアの工事(外構工事)には、大きく分けて、一次工事と二次工事があります。
一次工事は、建築工事をスムーズに進めるための土留めや地盤整地が主な目的です。一次工事の後はすぐに基礎工事の準備に入り、建築工事ともからむので、ほとんどの場合、ハウスメーカーや建築業者が下請け業者に依頼して工事を進めます。
門扉や塀、アプローチなど、一般にいうエクステリア工事は二次工事となり、建物があらかた完成し、建築確認申請の完了検査を受けてからスタートすることが一般的です。
この工事は建物の建築とは切り離して設計、施工することができ、施主が自由に業者を選ぶことができます。

注文住宅を引き立てるシンボルツリー

町並みと調和し、建物を見映え良くするには、シンボルツリーを植えるのが効果的。家の新築を記念し、家族とともに成長するシンボルツリーは、樹高が5m以上に成長する高木が向いています。
新緑から紅葉への変化など、季節の移ろいを日々の暮らしのなかで感じられるのは落葉樹。夏には日差しを遮り、冬にはあたたかな日差しを注いでくれます。人気の落葉樹は、ヤマボウシ、ジューンベリー、カツラ、ヒメシャラ、サルスベリ、ハナミズキ、エゴノキ、アオダモなど。
一年中、緑を楽しみたいなら常緑樹がおすすめ。豊かに葉が茂る常緑樹は、外部からの視線を遮断し、目隠しとなります。主な常緑樹は、シマトネリコ、ミモザ、オリーブ、ソヨゴ、ハイノキ、シラカシ、コニファーなど。
木は、一度植えると長い付き合いとなりますので、好みだけではなく、丈夫さや、手入れ方法、成長後の大きさなども考慮して選ぶのがポイントです。

玄関、アプローチ、駐車場、ガーデン、デッキ、アウトドアリビングなど、エクステリアには多彩な要素があります。先々、どんな暮らしを楽しみたいのかを思い描き、優先順位をつけてデザインを決めましょう。