自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

鉄筋コンクリートの家の住み心地は?

鉄筋コンクリートの家の住み心地は?

 

鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)は、木造住宅に比べて圧倒的に耐久性が高く、建て替えの心配をほとんどすることもなく、安心して住み続けることができます。ただし、コンクリートは取り扱いが大変難しい素材であるため、施工業者によって出来映えが全く異なり、業者によって継ぎ目が目立っていたり、すぐにひび割れを起こしトラブルとなったりするケースも少なくありません。そのため、鉄筋コンクリート住宅を検討する際は、信頼のおける専門の建築家、または住宅メーカーに相談して納得のいくプランを立てることが大切です。ここでは、そんな鉄筋コンクリート住宅に住むメリットやデメリットを紹介します。

鉄筋コンクリート住宅とは

鉄筋コンクリートとは、コンクリートの内部に鉄筋を埋め込んで作られた複合材料です。上から受ける力に強いコンクリートと、横から受ける力に強い鉄筋を組み合わせることで構造上の強度が増し、建物の耐久性や耐震性を高めています。

鉄筋コンクリート住宅は、断熱性、気密性が高いので、温暖差のストレスから解放された快適な暮らしを送ることができます。そのため、冷暖房にかかる光熱費の削減にも繋がり、大きな省エネ効果を得ることができるという特徴があります。

鉄筋コンクリート住宅のメリット

鉄筋コンクリート住宅の魅力といえば、凹凸感のないスタイリッシュな外観を挙げる人が多いのではないでしょうか。木造住宅にはないスッキリとした雰囲気に、誰もが憧れを抱いた経験があるはずです。
また近年、東日本大震災をはじめ大規模災害が多発していることを背景に、耐久性や耐震性に優れた、鉄筋コンクリート住宅に対する関心が高い傾向にあります。

さらに強度の高さは、将来的な資産価値にも影響を与えます。税法で定められる耐用年数は、木造住宅で22年なのに対し、鉄筋コンクリート住宅では47年にまで跳ね上がるため、高額で売買される可能性も十分に期待できるでしょう。

鉄筋コンクリート住宅は、熱に弱くてさびやすいという特徴を持つ鉄筋をコンクリートで補強しているため、熱に強くさびにくいです。

鉄筋コンクリート住宅のデメリット

鉄筋コンクリート住宅は、そのシンプルな外観から「打ちっぱなし住宅」と呼ばれることがあり、コンクリートの特性として、汚れやカビが染み着きやすい傾向があります。20年、30年と経過すると至る所に黒ずみが発生するため、外壁部分を特殊な塗料でコーティングするといった定期的なメンテナンスが欠かせなくなります。

上述したように、耐久性や耐震性に優れた鉄筋コンクリート住宅ですが、木材よりも遙かに重量のあるコンクリートを支えるため、地盤がしっかりしていないと、せっかくの性能も失われてしまいます。そのため、地盤調査で改良が必要と判断された場合は、地盤改良工事が必要になります。

また、費用面でもデメリットが挙げられます。鉄筋コンクリートは木材よりも材料費が高いことも影響し、一般的な木造住宅に比べて坪単価も高くなる傾向があります。さらに、コンクリートの特性上、建物全体の気密性が高くなるため結露が発生しやすく、各室に換気対策を施したり、結露に強いペアガラスを設置する必要性が生じたりするため、費用がかさみがちです。将来、解体しようとする場合も同様に高額となるため、十分な予算を準備しておかなければなりません。

鉄筋コンクリート住宅の屋上は、芝生の地面に比べて約10~20℃高くなります。高温にさらされると室温上昇だけではなく、コンクリートが急速に劣化する恐れがあります。そのため、屋上を緑化し直射日光を遮るなどの対策が必要だと言えます。

このように、いくつかのデメリットが挙げられますが、工夫すればたくさんのメリットを得ることができる鉄筋コンクリート住宅。新しい住まいとして、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。