自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

独立した子ども部屋は必要?作る場合その広さの目安は?

独立した子ども部屋は必要?作る場合その広さの目安は?

 

子育て世代が注文住宅で家を建てるとき、「子ども部屋をどうするのか」という点で頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。限られた空間を有効に活用するためにも、子ども部屋の設け方にはひと工夫したいところです。そこで今回は、子ども部屋の必要性と、子ども部屋を作る場合の広さの目安について詳しく解説していきたいと思います。

子ども部屋の必要性

「子ども部屋は必要か否か」というのは、多くの子育て世代が悩む問題です。子どもの独立心を育むために、小さなころから子ども部屋で寝かせるという欧米スタイルを取り入れている家庭もあれば、近ごろは、子どもの学力を伸ばすには、いわゆる「リビング学習」が効果的という考える方も増えています。では結局、子育て世代が実際に家を建てる場合、子ども部屋はどうしたらよいのでしょうか。

その目安となるのが、お子さんの年齢だといわれています。一般的には、家を建てる時点でお子さんがまだいなかったり、乳幼児だったりといった場合は、個室を作ることはせず、子どものいずれかが高学年以上の場合は、あらかじめ個室を作ることが多いようです。低学年の場合は親が家庭学習の手伝いをすることも多いため、子ども部屋よりもリビングで勉強させたほうが便利ですが、年齢があがれば自分の世界を持つことも大切ですから、子ども部屋が必要になってくるでしょう。

子ども部屋に必要な広さの目安

では、子ども部屋を作る場合、広さはどれくらい必要なのでしょうか。これもまた、子ども部屋をどのように活用するかによって異なります。たとえば、勉強も寝るのも子ども部屋でという場合には、学習机、本棚、ベッドなどを置くことになりますから、最低でも5.5〜6畳程度の広さは必要です。また、勉強はリビングで、子ども部屋は寝るだけの部屋というのなら、4.5〜5畳の部屋でも充分だといえます。

子ども部屋の作り方

子どもが複数いる家庭で子ども部屋を作る場合には、主に「独立した個室を作る」方法と、「大きな部屋を区切る」方法のふたつがあります。マイホームを建てる時点で子どものいずれかが高学年になっていた場合には、あらかじめ個室の子ども部屋を作っておきますが、いずれの子どもも低学年もしくは未就学という場合には、将来個室に区切ることを想定した広い部屋を用意しておくとよいでしょう。

子どもが小さいうちは、親と一緒に寝るという家がほとんどでしょうから、せっかく個室を作っても使われずにただの物置となってしまうことはめずらしくありません。その点、個室ではなく広い部屋として作っておけば、子どもが小さいうちは遊び部屋として広々とした空間を活用することができ、成長したあとで稼動式の壁などで個室を作ることも可能なので大きな失敗をすることはありません。限られた間取りをできるだけムダにせずに有効に活用するためにも、子ども部屋は成長に応じて柔軟に変えられるようにしておきましょう。

子ども部屋を作る場合には、上記を参考に必要な広さの目安を理解したうえで、プランを考えることをおすすめします。