自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

天井材はなににする? その種類と特徴

天井材はなににする? その種類と特徴

 

注文住宅で家を建てるとき、内装の壁紙や床材はこだわるものの、天井材に関してはすべておまかせという人は少なくありません。ですが実際は、天井をどのような素材にするかによって、その部屋の印象はもちろん居心地のよさも大きく違ってきます。そこで今回は、天井の仕上げに使われる素材の種類や特徴について詳しく解説していきます。

乾式工法と湿式工法の違い

まず、天井の仕上げの工法について説明します。天井の仕上げには大きく分けて「乾式工法」と「湿式工法」の2種類があります。それぞれの特徴と違いを詳しくみてみましょう。

乾式工法

クロスや無垢材などのように、施工に水を使わない工法のことを意味します。水を使わないため、施工途中で素材が乾くまで作業を中断して待つ必要がなく、比較的工事期間が短くてすむのが特徴です。

湿式工法

モルタルや漆喰などのように、施工に水を使う工法のことを意味します。素材に水を加えてやわらかくしたものを使用するため、設計の自由度が高いのが特徴です。

また、素材を張り合わせる必要もないため、継ぎ目をつけずに美しく仕上げることができます。ただし、素材を乾燥させている間は作業を中断せざるを得ないため、結果的に工事期間が長くなり、乾式工法と比べて建築費用も割高になるのが一般的です。

乾式工法で使われる天井材の種類と特徴

乾式工法で使われる天井材の代表的な素材と特徴は以下の通りです。

クロス

天井材のなかでももっとも一般的に使われているものです。ビニール素材に紙を裏打ちしたビニールクロスや、麻などの布で作られたクロス、パルプなどを原料にした紙クロスなどがあり、色や柄のバリエーションも豊富です。汚れ防止や防カビ、消臭、吸湿性などの機能がついたクロスなどもあります。ほかの天井材と比べると比較的安価なのも特徴です。

木工

いわゆる板張りのことで、本格的な和室の天井などに使われる素材です。スギやヒノキ、マツなどを使った無垢材仕上げや、合板に木目シートを貼付けたプリント合板などいくつかの種類があります。

石膏ボード

一般住宅はもちろん高層ビルの壁や天井に使われている無機質系の素材です。石膏を成分として練ったものの両面をボード用原紙で挟んで作られていて、防火耐火性、断熱性、遮音性に優れているのが特徴です。一般住宅はもちろん超高層ビルなどの壁や天井にも広く使われています。

湿式工法で使われる天井材の種類と特徴

湿式工法で使われる天井材の種類は以下の通りです。

漆喰

主原料となる消石灰(しょうせっかい)に砂や糊などを混ぜたもののことです。漆喰を天井に使う場合には左官職人がコテを使って塗っていきますが、質感を出すため材料に藁を混ぜたり、わざと塗り後をのこしたりすることも。防カビ、吸湿性、放湿性、防火性に優れているのが特徴です。

モルタル

セメントや石灰を砂と混ぜ、水で練ったもののことです。漆喰同様、左官職人がコテを使って塗っていきます。そのままだと無機質になってしまうため、上から塗装を吹き付けるなどして色や模様をつけることもあります。

上記のように、天井材には多くの種類があります。それぞれの特徴をしっかりと理解した上で、その部屋にとって最適なものを選ぶようにしましょう。