自由な発想で住まう人のニーズにお応えする注文建築ならではの住宅を皆様に。

Columnコラム

リビングに吹き抜けを造ったときの寒さ対策

リビングに吹き抜けを造ったときの寒さ対策

 

天井に向かう柱や壁を極力少なくした吹き抜けのあるリビングは、開放感があり、窓から差し込む光が演出するおしゃれな空間になるため人気です。その反面、2階へ音や臭いが伝わりやすい、掃除がしにくい、冬場に寒いなどさまざまなデメリットがあるのも事実です。特に冬場の寒さについては、後悔しないよう家全体の断熱性能や空調設備についてしっかりと対策を練っておくことが大切です。

吹き抜けのリビングが寒くなる原因

冬場に吹き抜けのリビングが寒くなってしまうのは、リビングで暖めた空気が上へ上へと逃げてしまうのが主な原因です。また、リビング階段がある場合は、階段づたいに降りてくる冷気が原因で、足下が冷えやすくなるケースもあります。

吹き抜けのリビングに設置したエアコンで部屋をしっかり暖めたいのであれば、リビングの面積に対して1.5~2倍の暖房能力を備えたエアコンを設置する必要があるため、吹き抜けでないリビングに比べると、冬場の暖房費高騰は避けられません。

ただし建物の構造や断熱性能、日中の日当たりによっても理想的な暖房能力は異なります。例えば、冬場の寒さが厳しい北海道などの寒冷地では、熱損失係数Q値(断熱性能を表す数値)を1.6w/㎡k以下とする高い断熱性備えた住宅が推奨されており、吹き抜けのリビングを造るのであれば、このレベルをクリアしているのが理想的だと言えます。

吹き抜けのリビングの寒さ対策

吹き抜けのリビングの寒さ対策は暖房で暖めた空気を循環させ、閉じ込めることです。具体的にどのような方法があるのでしょうか?

シーリングファンを設置する

別名「天井扇」とも呼ばれるシーリングファンは、天井に取り付けるタイプの送風機の1つです。シーリングファンを設置すると、上へ上へと滞留しやすい暖かい空気をかくはんし、足下にも行き渡らせることができます。おしゃれで優雅な雰囲気を演出できる点でも非常におすすめです。

サーキュレーターを使用する

シーリングファンと同様に空気をかくはんする機能を持つサーキュレーターは、シーリングファンよりも安価で床に置くことができ、夏場は扇風機としても利用できるなどのメリットがあります。しかし、シーリングファンの方が動作音は静かです。

部屋の環境に合わせて、どちらを使うか考えましょう。どちらか一方では家全体に空気がかくはんされない場合は、併用するという手もあります。

ロールスクリーンを設置する

吹き抜けの天窓、2階の手すりの壁部分をロールスクリーンで塞げば、リビングで暖めた空気を逃さず閉じ込めてくれます。ロールスクリーンは後付けすることもできますが、外観のイメージを崩さないためにも、あらかじめデザインや素材を吟味して設置しておくとよいでしょう。また、季節や室温に応じて簡単にスクリーンを開閉できるようにしておくと便利です。

吹き抜けのリビングは、1階にいても2階にいる家族を感じやすく、コミュニケーションが取りやすい一方で、冬場の暖房が効きにくく光熱費が高騰しやすいなどのデメリットがあります。吹き抜けのリビングを造る際は、あらかじめシーリングファンやサーキュレーターを設置するなど、家全体が暖まりやすい環境を考えておくと安心です。